株式会社市原亀之助商店のホームページへようこそ!!

qrcode.png
http://ichikame.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 市原亀之助商店
〒600-8424
京都市下京区
室町通高辻上ル山王町550番地
TEL. 075-361-6151
  FAX. 075-343-2520

 
020124
 
 

2009.10.03 秋本番・中秋の名月

2009.10.03 秋本番・中秋の名月
 
 
 
10月に入り、いよいよ秋も本番。3日は中秋の名月。前日まで結構な雨降りだったので空模様が心配でしたが、この日は前日とうってかわっての好天。きれいな満月のお月見を楽しむことができました。
   
 
 
 
京都市内では、大覚寺など寺社仏閣でも、観月の会が行われていますが、京都府立植物園でも、“名月観賞の夕べ”と題して観月の会が催されました。この会も、今年で17回目を迎えるとのこと。夕方で一旦閉園したあと、18時から無料で入園することができました。
   
園内の大芝生広場には、特設のステージが設けられ、野外コンサートが行われました。芝生の上に各々腰を下ろしての鑑賞です。わかりにくいですが、ステージの前から広場中ほどまで、すでに人でいっぱいでした。EPOたちのコンサートの前に、2011年に京都で行われる「第26回国民文化祭」の紹介も行われました。ステージの上には、満月が輝いています。
 
 
 
 
園内のところどこに、かがり火も焚かれて、幽玄的な夜の植物園、時々、雲に隠れる満月も風流な感じ。
 

2009.10.04 食欲の秋!京の大屋台村

2009.10.04 食欲の秋!京の大屋台村
 
翌日の4日は、岡崎の“みやこめっせ”で『京の大屋台村』が開催されました。京料理、イタリアン、フレンチ、中華の京都の名店が一同に結集。どのコーナーも一皿500円と、いうことで大変な人出となりました。まず、入口で料理チケットを買うだけでもすごい行列で、有名人気店のブースでも行列ができ、1時間半たらずで完売するコーナーも。
 
 
 
 
なかなか予約の取れない“祇園さ々木”さんのブースも一品500円で味わえるということで長蛇の行列が。焼き飯パフェなるものが人気。
 
 
 
 
 
 
会社の近くにある、料理店も参加。新町にある京料理“木乃婦”さん(右)のブースでは3代目の高橋拓児さんも来られていました。綾小路の台湾家庭料理“台北城”さん(左)も大奮闘。
   
どのブースも自慢の味の一品をワンコインで提供。どれも美味しそうなので、食欲の秋といってもやはりここはお腹と相談。どれを味わうか迷ってしまいます。
 
 
 
 
 
 
   
グルメ本『あまから手帖』の編集主幹でもありフードコラムニストで有名な上武司さんを中心に料理人有志があつまって屋台村のオープンにこぎつけたとのこと。京料理“菊乃井”の村田吉弘さんと会場各ブースをまわり、場内放送でお店や料理を紹介されていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村田さんも、自店ブースで自ら料理の盛り付けをされています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
屋台といっても、どのブースも本格的な料理。一度は味わってみたいと思う憧れの料理がいっぱい。まさに“食欲の秋”にふさわしい楽しい催しです。
   
この日の参加店:

○和食:
 ■祇園さ々木 ■菊乃井 ■木乃婦 ■修伯 ■美山荘
 
○フレンチ:
 ■ビストロスポンタネ  ■祇園ブルジョン  ■ホテルグランビア京都
 ■ホテル日航プリンセス京都  ■ボルドー  ■ルヴェソンヴェール
 
○イタリアン:
 ■イルギオットーネ  ■ストラーダ  ■カーサビアンカ  ■タントタント
 
○中華:
 ■一之船入  ■竹香  ■台北城  ■マダム紅蘭
<<株式会社市原亀之助商店>> 〒600-8424 京都府京都市下京区室町通高辻上ル山王町550番地 TEL:075-361-6151 FAX:075-343-2520