株式会社市原亀之助商店のホームページへようこそ!!

qrcode.png
http://ichikame.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 市原亀之助商店
〒600-8424
京都市下京区
室町通高辻上ル山王町550番地
TEL. 075-361-6151
  FAX. 075-343-2520

 
021740
 
 

2010.12.01 穏やかな師走入り。名残の紅葉。

2010.12.01 穏やかな師走入り。名残の紅葉。
 
 
 
 
 今日から12月。暖かな穏やかな日差しの師走入りになりました。東山界隈の名残の紅葉をもとめて歩いてきました。
   
 
 
 
 
 
 蹴上のインクラインの所に、鮮やかな紅葉が・・・。まだまだ、紅葉見られるかも。期待を胸に南禅寺へ。
 
 
 
 
 
 
 南禅寺の山門までやってきました。平日にもかかわらず結構な人でした。今日は、いい陽気だからかなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 色もピークは過ぎたとはいえ、まだまだ色鮮やかな紅葉を楽しめます。
 
 
 
 ローマの水道を連想させる水路閣。上を琵琶湖からの水が流れています。京都が舞台のドラマではお馴染みですね。
 
 
 
 
 この水路閣も今では、周りの景観に馴染んでいる様に思うのですが、できた当時はどんな風に見えていたのでしょうか。近代化と京都市民のための上水道の公共工事は・・。
   
 南禅寺をあとに、永観堂に向かいます。紅葉のシーズンには夜間拝観もされており、夜空にライトアップされた紅葉は一見の価値あり。
 
 
 
 白壁に落書きが・・・。実は、水にぬらした紅葉の葉っぱをつっつけてあるのでした。うーんアートだなぁ。雪だるまの絵、もうすぐ京都にも本格的な冬がやって来ます。
   
 哲学の道に出てきました。道沿いに疎水が流れます、南禅寺の水路閣を流れてきた水が流れてきます。不思議に思うのは鴨川とかの流れと違って、土地の高い北に向かって水がながれていること。これってすごい技術・・・・。
 
 
 
 
 
 
 春は桜も見ごたえがあります。
   
 哲学の道を歩いていたら偶然にも、奥さんを伴った(まだ新婚気分か?)後輩のK君に久しぶりにばったり出会ってしまいました。法然院が無料で見られると言うので、法然院へ。しっかし、世間は広いようで狭い・・・。
   
 山門を入ったところにあるのは白砂を盛り上げた二つの“白砂壇”。水をあらわしてあり、間を通ることにより身と心を清められるそうです。きれいに盛り上げられた砂の様子は、まるで落雁のようでした。(前先のK君も話していました)
 
 
 
 
 
 
 過ぎ行く秋を惜しみつつ、初冬の京都。名残の紅葉をたっぷり堪能した一日でした。いやぁ~しかし、ほんまによく歩きました。
<<株式会社市原亀之助商店>> 〒600-8424 京都府京都市下京区室町通高辻上ル山王町550番地 TEL:075-361-6151 FAX:075-343-2520